かさま歯科クリニック院長blog

海老名市のかさま歯科クリニックの院長の趣味ブログです。 様々なことに興味がありますが、特にCGや海老名市の話が中心となります。 海老名のご当地ヒーローもよろしくお願いします。 歯医者の真面目な話はkasamadental.comでどうぞ

    結婚

    歯科医師と結婚にまつわるお話ーお相手はスタッフー

    MIYAKO85_yuyakehutari20140725_TP_V4


    神奈川県の海老名市にありますかさま歯科クリニックの笠間です。

    これまでに歯科医師の結婚事情と称して、2回ほどお話をして参りました。

    第1回目は歯科医師同士の恋愛に関して

    第2回は未婚に関してお話をしてまいりました。

    第3回目となる今回はコデンタルスタッフとの結婚事情について進めてまいりたいと思います。

    コデンタルスタッフとは歯科衛生士、歯科助手場合によっては歯科技工士のことの総称を意味します。

    特に男性歯科医師の結婚の話がメインになってしまうかもしれません。



    目次



    衛生士や助手との出会いは歯科医師になってからがほとんど

    学生時代から衛生科の学生さんと付き合うパターンは?

    雇用した衛生士との結婚

    結婚後奥さんが衛生士さんになるということも

    歯科医師と結婚する衛生士はあまり多くない

    関係の継続は歯科医師同士よりも良好?

    歯科技工士さんの場合は?




    ■ 衛生士や助手との出会いは歯科医師になってからがほとんど


    歯科医師は歯科衛生士さんや歯科助手さんとの接点が増えるのは勤務してからです。

    学生時代に実習で衛生士さんや助手さんとも会いますが、まず相手にされることはありません。

    さらに研修医の時もいまいちで2年目3年目と年を経て、衛生士さんや助手さんよりも先輩になってようやく相手にされてくるような感じがします。

    我々歯科医業は実力もかなり問われますので、特に衛生士さんや助手さんは歯科医師としての実力をかなり品定めしています。

    技術がなかったり会話能力がそれなりにないと見向きもされません。


    逆にいうと我々歯科医師はその冷遇の時代をバネに実力をつけていくこともあります・・・

    まあいいでしょう話を戻しましょう。


    つまり

    『実力がついてようやく相手にされるのです。』


    さらにそこから好意に発展するとなると、年下の衛生士さんでないと恋愛に発展するという流れは難しいように思います。

    これは教育課程の問題で

    歯科医師は免許取得に6年間を費やすのに対して衛生士さんでは3年間、助手さんに至っては高校を卒業してすぐ就職という方がいらっしゃいますので、単純計算でも同級生間で3年、6年の就労期間に差が出てくるわけです。新人歯科医師は同級生であっても後輩ですのでその関係性はなかなか払拭できません。

    そこで、新人の衛生士さんや助手さんはまだ余計な偏見がない分、好意的なのではないでしょうか。



    ■ 学生時代から衛生科の学生さんと付き合うパターンは?

    このパターンも少なからずいます。

    歯科衛生士は3年制なので女性側はやはり先に就職します。

    女性はある程度落ち着いてくると結婚という問題が出てきます。周りの同級生などはすでに結婚して子供までいる人が現れ始めるからです。
    すると歯学部の学生は場合によっては学生の時から結婚を求められるようになります。

    まず経済力自体ありませんし、受験勉強なども控えていますのでそうは結婚に踏み切ることはできないものです。

    私は同級生で2名そのような境遇の人がいましたが、2人ともクラスでも一番二番というように結婚が早かったのを覚えています。

    なんだかんだで学生時代から衛生科の人と付き合っている人はゴールまで行きやすいというような印象があります。



    ■ 雇用した衛生士との結婚


    結婚よりも先に開業した先生に多い傾向にあります。

    関係としてはとてもいいのではないかなと思います。

    業務も一生懸命やるような人でないと経営者が結婚相手に選ぶわけもありません。

    働き者で院長の立場も理解してくれる人だと思います。

    ただ、お付き合いをしている最中は院内では内緒にしていることも多いみたいです。

    さらに結婚後も引き続き病院で勤務するというのはあまり聞かない話です。

    はじめは勤務しても妊娠出産で家庭に収まるケースをよく聞きます。



    ■ 結婚後奥さんが衛生士さんになるということも

    今日では歯科衛生士さんは売り手市場で、求人倍率は10〜20倍とも言われています。

    それ故に歯科医院も衛生士さんの確保は非常に困難です。そこで現在は奥さんが歯科衛生士になるなんてことも最近は少なくありません。奥さんほど確実な専従者もいませんので。

    今までの話としては逆パターンで結婚が先ではありますが、こんなケースもあるのです。



    ■ 歯科医師と結婚する衛生士はあまり多くない


    一言で言えば嫌なのだと思います。


    歯医者のほとんどは独立開業をしますから職場でも雇用する側と雇用される側という関係性であって、それが家庭まで続くとなるとうんざりする人も多いと思います。

    根本的に歯科医師と結婚しても昔ほど利益もないというような考えもあるかもしれません。

    歯科医師の格差もはっきりとしてきた昨今、もっと手堅い職業の相手を選ぶのも頷けます。

    歯科衛生士さんに『実際に歯医者はどお?』と聞いたこともありますが、やはりあまり肯定的な意見を聞くことはありませんでした。





    ■ 関係の継続は歯科医師同士よりも良好?

    歯科医師同士は前回のブログでもお話しましたが、お互いに我が強いこともあって関係が維持できなくなることが多いです。

    衛生士さんや助手さんに我がないと言っているわけではありませんが、歯科医師は我慢ができない傾向にあるのも事実です。

    特に歯科医師同士の夫婦で切り盛りしている歯科医院にお勤めの衛生士さんや助手さんは気苦労が耐えません。


    一方、衛生士さんや助手さんは同業種であっても同じ立場でないということがある意味利点でしょう。

    それに、同業種であることで悩みを打ち明けて理解も必要十分に得られるというのは大きなメリットです。


    ■ 歯科技工士さんの場合は?

    奥様が歯科技工士さんの場合はそのまま家庭に収まってしまうことが多いように思われます。

    外部委託ができる業務なので実務をあえて行う必要がないというのも理由の一つだと思います。


    逆にご主人が技工士さんの場合は、法人の中でも一翼を担っていることがほとんどです。
    奥様が経営するクリニックの技工作業を担当していることが多いように思われます。

    この組み合わせの結婚は絶対数が少ないように思います。

    おそらく歯科医師と歯科技工士は顔を合わせて仕事をしていることが多いことにも起因すると思います。

    大型のラボともなると営業の人以外、実際歯を製作している人は全くわからないといのもあります。



    ■ いかがでしたでしょうか?

    同業種同士の結婚はある意味では大変です。しかし全てを言わなくても理解してもらえるという点では非常に支えになると思います。このブログでは基本的に歯科助手さんや歯科衛生士さんを女性としてお話を進めてまいりました。今日では男性の助手さんも衛生士さんもいらっしゃる世の中となっています。
    ですが、その方々の情報というものは現在持ち合わせておりません。今後情報が入り次第お伝えできればと思います。


    次回は患者さんと結婚というお題でお話を進めていきたいと思います。

    乱文および長文にお付き合いいただきありがとうございました。

    必ずしもこの情報が全てではありません。


    私笠間の情報をもっと知りたいと思われましたら下記のホームページもご参考にしてみてください。

    http://kasamadental.com/






    歯科医師と結婚にまつわるお話ー未婚編ー

    TAKEBE055121914_TP_V4

    神奈川県海老名市のかさま歯科クリニックの笠間です。

    前回のブログでは歯科医師同士の結婚について書かせていただきました。

    歯医者と結婚にまつわるお話ー歯医者同士恋愛編ー

    もちろん結婚が人生のゴールではありませんし、幸せではありません。

    結婚に捉われない人生を歩んでいる歯科医師も多くいます。

    今回は、歯科医師の未婚とその理由について知りうる情報と考察をお話したいと思います。


    ■ そもそも日本の未婚率は?

    スクリーンショット 2019-01-09 0.05.56
    スクリーンショット 2019-01-09 0.06.12
    スクリーンショット 2019-01-09 0.06.41

    1970年と比較して2016年では婚姻率は約半分

    30代では男性は約半数 女性は約1/3が未婚であると出ています。


    https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/mikonritsu.html



    ■ 歯科医師の未婚率は?

    総務局の調査の就業構造基本調査 / 平成29年就業構造基本調査 / 全国編 人口・就業に関する統計表を
    参考にしました。

    https://www.e-stat.go.jp/stat-search/database?page=1&query=B122&layout=dataset&toukei=00200532&cycle=0&statdisp_id=0003222451&cycle_facet=tclass1%3Atclass2%3Acycle&second=1&second2=1

    歯科医師はB122~B132,B141~B15aその他の保健医療従事者のカテゴリーの中に入っており
    歯科医師単独でのデータを抽出できませんでした。

    その他の保健医療従事者のカテゴリーはこちら

    スクリーンショット 2019-01-09 0.56.50
    スクリーンショット 2019-01-09 0.57.26

    全くめちゃくちゃですが、仕方がないので一つの目安として数字を出してみましょう。

    この職業の総数は

    男性
    スクリーンショット 2019-01-09 0.53.58

    女性
    スクリーンショット 2019-01-09 0.54.12

    未婚の男性
    スクリーンショット 2019-01-09 0.53.38
    未婚の女性
    スクリーンショット 2019-01-09 0.53.12


    ここでは幅広い年齢層となってしまいますので、25歳から39歳までを対象としましょう。

    男性の未婚率は106900/225500×100=47.4%

    男性の未婚率は189000/383800×100=49.2%

    にわかいい加減な数値ですが、両者ともに約半数が未婚ということになります。

    女性に至っては、日本の全体平均よりも医療に従事する女性の未婚率が高いことが示唆されます。

    ところが私自身の私見を述べるのであれば、女性歯科医師の未婚率は日本の全国平均と相違無いような気もします。







    ■ 歯科医師の未婚の原因はなぜか?


    自立心が高い

    今や歯科医師は高収入では無いものの、平均よりも上の収入を得ることができます。
    資格がある以上、家庭に完全に収まる歯科医師の数は極端に低く、自立心も高いことから未婚率が高くなる傾向にあるのだと思います。
    また結婚しても、収入的にどちらかに依存することはありませんのでやはりわざわざ結婚という道を選択しない人もいます。


    出会いがない

    これは男女ともに言えることですが、歯科医院は非常に閉鎖された空間であり、出会いも限られます。
    これがまた開業などするともっと出会いは限られます。
    開業をすれば恋愛どころではありませんので、非常に難しい問題です。
    事業が落ち着いた頃には婚期が遠くなっていてもおかしくはありません。



    お金持ちの令嬢や子息

    親が医者や歯科医師という人間はたくさんいます。生活レベルを落とせない、非常にプライドの高い人間も多くいるというのも事実です。もともと乗馬が趣味で毎年数回はヨーロッパ旅行などの同級生もいましたが、この点は非常にネックになります。これが一般的に当たり前の生活かと聞かれたら決してそんなことはありません。ましてや今日の歯科医師の収入には限界がありますし、配偶者もあまりに生まれ育ちが異なれば関係の維持もしくは燃費の問題で結婚にまで届かないということもありそうです。



    変わり者

    歯科医師は変わった人間が多いです。これも一つの原因となるかもしれません。日頃小さいものをみているからでしょうか?非常に小心者が多い職業な気がします。また褒められたがりつまりかまってちゃんが多いような気もします。それでいて6年生大学を出て、先生と呼ばれているので変にプライドが高く面倒臭いのです。


    もうとっくにメッキは剥がれている

    歯医者が医者のようにもてはやされた時代があったそうです。大昔は
    今や口を開けば、怖いなどのネガティヴなイメージの方が強く。
    さらには歯科医院はコンビニよりも多いだの、年収は300万以下だのそのような情報ばかり巷には広まっていますので今頃好き好んで歯科医師を選ぶ人もあまりいないと言う現実があります。


    全く恋愛したことのない人間が多い


    6年間歯学部に通うわけですが、非常に狭い世界で日々過ごします。
    積極的に恋愛に向かって努力をしないと、恋人ができません。
    何年も続けば恋愛に奥手というよりも、全く恋愛と無縁の人生を過ごしてしまうのです。


    離婚率も高い


    プライドのぶつかり合いです。
    結婚生活はある意味では我慢の連続でもあります。
    ご苦労なしのお坊ちゃんお嬢ちゃんではこの関係性に我慢できないなんてことも多い気がします。

    特に女性は小金を持っていますので、使い道は美容などに走りもう恋愛は懲り懲りとなる人が多くなるように思います。一方で男性歯科医師は年下の相手を見つけてというようなことも多いです。

    再婚は圧倒的に女性が不利な感があります。



    ■ 最後に

    はじめにもお話ししましたが、結婚が必ずしも幸せではありません。
    でも、多くの未婚の歯科医師を知っていますが、彼ら彼女らの多くは結婚願望は持っています。
    そこで必ず決まり文句があって
    「犬や猫を買っちゃおうか」と言っているのも事実なのです。


    いかがでしたでしょうか?

    このブログを読んで少し遺憾に思われる方もいらっしゃると思います。

    でも一般の方の中には歯科医師と結婚したい方もいらっしゃるかもしれません。
    そんな方は是非、未婚の歯科医師にアプローチをかけてみてもいいのではないでしょうか。


    かさま歯科クリニックのホームページはこちら



    このページのトップヘ